log
NE-style staff blog
サウンドインストーラー 田中 宏明
86&BRZ GREEN CUP in 岡山国際サーキット

12月13日 岡山国際サーキットで行われたMOTOR GAMESというイベントの中で開催された

『86&BRZ GREEN CUP』に参戦して参りました!!

 

お客様との合同チームで2台体制でのエントリーです!

ネッツ兵庫PIT

朝は6時に集合したのですが、寒くて寒くて、雪がちらついていました(寒)

 

1週間前にドライバーの皆さんと作戦会議をして、ルールの確認や、AT車、MT車の大まかな仕様を決定。

前日に行われる公式練習にも絶対参加すべきと言うことで、可能なメンバーのみで参加してきました。

 

そもそもこのグリーンカップがどの様なレースかと言うと、90分間の耐久レースで、

燃費周回数順位でそれぞれポイントを獲得し、合計ポイントの高いチームが優勝となります。

燃費は車両の燃費計を使い、燃費×2.6が獲得ポイント

周回数は×1ポイント

着順は×(-0.5)ポイント となります。

つまり、燃費はなるべく良くしないといけないが、速くも走らないといけない。

非常に頭を使うレースです。

 

ネッツ兵庫チームの作戦は、車は出来るだけ軽く、タイヤも転がり抵抗を減らすべくエコタイヤに空気圧高めで走行し、

燃費10を目指しながら30周走ると言うもの。

この作戦が大失敗だった事に、公式練習走行で気づく事になりました。。。

 

レース当日、急遽車のセッティングを変更。

タイヤ交換

当日の練習が終わってもまたまたセッティング変更。

レーススタートまでず~っと何かを触っていました(汗)

 

不安しか無い中、ようやくレースが始まります!

PITレーン整列

決勝はグリッドスタート方式になります。

スタート直後の燃費を気にしながら・・・

レーススタート

最低ピット回数や、最低周回数、LAPタイム規制など、様々な事を考えながら、皆さん順調に周回を重ねていきます。

8号車ダブルヘアピン2

MT車の8号車

 

6号車最終コーナー

↑AT車の6号車

PITストップ(ドライバーチェンジ)の度に中間燃費をチェックされ、WEBで全チームの燃費が確認できる様になっています!

燃費経過

6号車(AT)は序盤燃費とタイムの両立出来るシフト操作に悩み、後半少しずつ燃費が良くはなってきたところで、フィニッシュ。

最終燃費は8.8km/Lまで伸ばす事が出来ました!!

8号車(MT)は終始安定した走りで、最終燃費9.3km/Lでフィニッシュ!!

最終結果は・・・・

リザルト

6号車(AT)が16位!!

8号車(MT)が8位!!

と言う結果となりました☆

個人的には大健闘だったと思います!!

 

本音を言えば、そりゃー優勝したかったのですが

『みんなで力を合わせて優勝を目指した事』

ここに最大の意義があった様に思います!

 

来年もGREEN CUP が数回開催される様なので、

興味のある方は是非一緒に参戦しましょう!!

ドライバー集合写真

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

走行会のお知らせ

西日本AREA86オーナーズミーティング

平日走行会

in 鈴鹿サーキット

2015・2・17(火)

①スポーツ走行クラス 30分×2(86&BRZのみ)・・・・・・・・・20,000円

②スポーツ走行初心者クラス 30分×1(86&BRZのみ)・・・・11,000円

③サーキットマイカーラン(ペースカー付き隊列走行)・・・・・・・・・・2,000円

*各クラス5台程度の募集になります。

参加申込みは田中まで!!

 

サウンドインストーラー 田中 宏明
GAZOO RACING 86&BRZ RACE Rd.3

8月17日 盆休みを利用して念願の86&BRZレースを観に鈴鹿サーキットまで行ってきました!!

鈴鹿はかれこれ10年程前にNet’zCupアルテッツアレースのサポートに来た以来で、

神戸からだと遠いイメージがありましたが、新名神高速道路を使うと2時間ちょっと位で行けちゃいます!!

気軽に行けますね☆

今回は箱車レースの最高峰『SUPER GT』のサポートレースと言う事でお客さんや出店も多く、

かなりの盛り上がりを感じました!

パドックで様々にラッピングされた86&BRZを見て歩くのも楽しいですが、

有名なレーシングドライバーやRQと出会えたりするのもレースをサーキットに見に行く醍醐味ですね☆

 

さて肝心のレースはと言うと、今回参加の70台(86:59台 BRZ:11台)が2グループに分かれて予選にアタックし、

予選タイムの上位40台で決勝が行なわれるという方式。

決勝レースはわずか8周で、N0(エヌゼロ)というカテゴリー上、車体性能差がほとんど無いので、優勝を目指すチームは

まず予選で良いポジションに着きたい所。

注目はRd.1、Rd.2と連勝し、三連覇の掛かる山野直也選手(P.MU RACING 86)。

予選2位で山野選手の3連覇を阻止したい元GTドライバーの阪口良平選手(FK-TECHacreBRZ)

GTドライバーと言えば予選6位、Rd.2菅生から参戦しているGT兼D1ドライバー谷口信輝選手(神戸トヨペット)

 

決勝はスタートから独走態勢を築いた山野選手がぶっちぎりの1位

スタートダッシュで4位に浮上、その後アグレッシブに責め3位に浮上した谷口選手と阪口選手の2位争いが白熱し

ラスト2周目から何度も抜きに掛かる谷口選手をなんとか抑えきった阪口選手が2位を死守。

谷口選手は3位に終わったが、ディーラー系チームで参戦2戦目での3位獲得はさすがの一言です!!

 

この86&BRZ RACEは、一般のお客さんに『もっと気軽にモータースポーツに参加してもらいたい!!』

との趣旨で開催されるレースですが、ふたを開ければ有名プロドライバーがわんさかいる状態で、

気軽に参加なんてとんでも無い!的な声も聞こえてきそうですが、目線を換えれば

気軽に憧れのプロドライバーと一緒に走れて、そしてプロドライバーに挑戦する事ができる!!

そんな車遊び、素敵だな~と思いました!!

そしていつかはネッツ兵庫の社員チームで参戦出来るように、色々と準備していきたいと思います☆

86&BRZ RACEに興味を持っていただけた方はサポート致しますのでお気軽にご連絡くださいね!!

86&BRZ RACE Rd3

サウンドインストーラー 田中 宏明
EXEDY CUP OPTION2 お遊び耐久 2013

AE86STRAT

お世話になっている某AE86専門店からの3チームでエントリーし、車輌はショップの3号車に乗せて頂きました!!

セントラルサーキットを走るのは約5年ぶりで、しかもAE86は初めて乗ったので

慣れるのに時間が掛かりましたが何とか無事に完走できて良かったです!

『TOYOTA86とAE86』 

 そもそも今回AE86でレースに参戦する目的はと言うと、

決してハイパワーとは言えず、足回りやボディの設計も古いこのAE86が

20年、30年と愛され続けている本当の理由は何なのか!?AE86の魅力とは!?と言う興味から。

雑誌等では『ドライバーを育てる車!』とか『ドライビングが楽しくなる車!』などと紹介されていますが、

実際のところどうなのか?

ただの旧車マニアや某漫画ファンの趣味車じゃ無いんだろうか!?と言う疑いが全く無かったかと言うと嘘になる。

とはいえ、先出の某AE86専門店には新車さながら、いやそれ以上にセットアップされたAE86を普段から見ることが出来、

全国北は北海道、南は沖縄とファンも多い。

そんな期待と不安の中 レース本番前の練習走行で初めてAE86をドライビングすることとなった。

今回の為に新調したレーシングスーツに身を包み、鉄板剥き出しの車内にぽつんと取り付けられたフルバケットシートに

体をねじ込むと、4点ハーネスで体を固定。さながらレーシングドライバーにでもなったつもりでエンジンを始動!!

ダッシュには純正メーターと別で付けられた油圧、油温、水温メーターが並び、エンジンと共に動き出す。

アクセルペダルを踏むとペダルとワイヤーでダイレクトに繋がっているスロットルバルブが連動し、エンジンをリニアに吹き上げる!

近年の電子スロットル車にしか乗ったことの無い自分にとって、この4AGの心地良いレスポンスはレーシングカーのそれに近く、

名機と呼ばれるに相応しいエンジンと感じた。

ピットロードでは制限速度を気にしながらいよいよコースイン!

なんせ久しぶりのサーキットに初めて乗る車なので、慎重に1つ1つコーナーを抜けていく。

シフトのタイミング、ブレーキポイント、アクセルの踏み込み量、ステアリングの舵角、足の動き、ボディーのロール量やバンプ、リバンプ時の挙動など1つ1つチェックしながらペースを上げていく。

3週位走った頃にはこのAE86の持つ素質高さを思い知る事になった。

よくレーシングドライバーが新型車のインプレッションで使う言葉に「車から伝わる情報量の多さ」という表現があるが、

AE86はまさに車輌の動きをドライバーに分かりやすく的確に伝えてくれる。

もっとブレーキを我慢しても大丈夫!もっと早目からアクセルを踏んでいける!舵角はもっと浅く、代わりにアクセルを踏んで!

それは嘘みたいな車との“対話”だった。

さっきの周回で教わった事を次の周回で試す。更に次の周回でも、その次も・・・。

この人馬一体感は今まで乗ってきたどんな車をも凌駕した。

レースは3時間の耐久形式で、より多くの周回を重ねる事が求められる。

1チーム3~4ドライバーでスティントを組み、それぞれが仕事をこなしていく。

レース中に突然の集中豪雨に見舞われ、コースコンディションが一気に変わったが、それも2週ほど走れば分かってくる。

確かに難しい路面状況だが、ここでも先の“車輌との対話”に助けられ、他の車輌が軒並みペースを落とす中

コーナーでテールをスライドさせながら前を走る車に追い付いた時の感覚が今でも忘れられない。

某漫画の名言で「滑る路面なら滑らせて走れ!!」と言う台詞を思い出した。

それが出来る車がAE86なのだろうか。

真夏の3時間という長丁場で、我が3号車はマイナートラブルに悩まされ、終始全快走行!と言う訳には行かなかった物の、

無事にチェッカーを受ける事が出来ホッとした反面、もう少し走っていたい!と素直に思う。

その後参加可能なメンバーで打ち上げに行き、他のドライバー(皆さんAE86オーナー)と86談議に花を咲かせると、

やっぱりみんなAE86が好きなんだと子供の様な笑顔で語る。

この日1日の事を振り返りながら確信した事、AE86と言う車は『良い車だ!!』と言う事!!

早い!とか性能が!どうとかこうとかじゃなく、とにかく良い車だ!!と言う事を身をもって体感しました!!

 

さて、AE86の良さを十二分に体感した所で、自分の使命を思い出した。

TOYOTA自動車が満を持して現代に復活させたTOYOTA86をたくさんの人に知ってもらう事

エンジン形式やボディー形状、細かなスペックが違えど、TOYOTA86の持つスピリッツは間違いなくAE86のそれである。

AE86の再来

この車を30年先まで愛してくれるファンを1人でも多く増やすために、もっといろいろ勉強したいと思います!!

サウンドインストーラー 田中 宏明
8月6日は・・・

AE86EG

8月6日と言えば、そう!!86の日ですね☆

毎年8月6日周辺の土日は86に関するイベントが各地で行なわれます!!

中でも最大規模と言っても過言では無い、富士スピードウェイで開催される『86style』!!

今年も仕事の為行けませんでしたがorz

そんな私は今週土曜日にAE86でレースに出ます☆

レースと言ってもEXEDY CUP オプション2お遊び耐久レースと言うお祭り的なレースですが(^^;)

先日そのレース車輌の製作の為、お休みを使ってお世話になってるショップにお手伝いに行ってきました!!

お手伝いと言っても、配線の処理とか簡単な事ですけどね(^^;)

くしくもその日は8月6日(火)!!ハチロクの日に1日中86を触って、幸せな1日でした☆

EXEDY CUP オプション2お遊び耐久レースに興味がある方は連絡下さい!

観戦チケット差し上げますよ~!!

最近86に夢中な田中でした☆

  • ネッツトヨタ兵庫
  • toyotフォンテ
toppage