log
NE-style staff blog
サウンドインストーラー 田中 宏明
86&BRZ GREEN CUP in 岡山国際サーキット

12月13日 岡山国際サーキットで行われたMOTOR GAMESというイベントの中で開催された

『86&BRZ GREEN CUP』に参戦して参りました!!

 

お客様との合同チームで2台体制でのエントリーです!

ネッツ兵庫PIT

朝は6時に集合したのですが、寒くて寒くて、雪がちらついていました(寒)

 

1週間前にドライバーの皆さんと作戦会議をして、ルールの確認や、AT車、MT車の大まかな仕様を決定。

前日に行われる公式練習にも絶対参加すべきと言うことで、可能なメンバーのみで参加してきました。

 

そもそもこのグリーンカップがどの様なレースかと言うと、90分間の耐久レースで、

燃費周回数順位でそれぞれポイントを獲得し、合計ポイントの高いチームが優勝となります。

燃費は車両の燃費計を使い、燃費×2.6が獲得ポイント

周回数は×1ポイント

着順は×(-0.5)ポイント となります。

つまり、燃費はなるべく良くしないといけないが、速くも走らないといけない。

非常に頭を使うレースです。

 

ネッツ兵庫チームの作戦は、車は出来るだけ軽く、タイヤも転がり抵抗を減らすべくエコタイヤに空気圧高めで走行し、

燃費10を目指しながら30周走ると言うもの。

この作戦が大失敗だった事に、公式練習走行で気づく事になりました。。。

 

レース当日、急遽車のセッティングを変更。

タイヤ交換

当日の練習が終わってもまたまたセッティング変更。

レーススタートまでず~っと何かを触っていました(汗)

 

不安しか無い中、ようやくレースが始まります!

PITレーン整列

決勝はグリッドスタート方式になります。

スタート直後の燃費を気にしながら・・・

レーススタート

最低ピット回数や、最低周回数、LAPタイム規制など、様々な事を考えながら、皆さん順調に周回を重ねていきます。

8号車ダブルヘアピン2

MT車の8号車

 

6号車最終コーナー

↑AT車の6号車

PITストップ(ドライバーチェンジ)の度に中間燃費をチェックされ、WEBで全チームの燃費が確認できる様になっています!

燃費経過

6号車(AT)は序盤燃費とタイムの両立出来るシフト操作に悩み、後半少しずつ燃費が良くはなってきたところで、フィニッシュ。

最終燃費は8.8km/Lまで伸ばす事が出来ました!!

8号車(MT)は終始安定した走りで、最終燃費9.3km/Lでフィニッシュ!!

最終結果は・・・・

リザルト

6号車(AT)が16位!!

8号車(MT)が8位!!

と言う結果となりました☆

個人的には大健闘だったと思います!!

 

本音を言えば、そりゃー優勝したかったのですが

『みんなで力を合わせて優勝を目指した事』

ここに最大の意義があった様に思います!

 

来年もGREEN CUP が数回開催される様なので、

興味のある方は是非一緒に参戦しましょう!!

ドライバー集合写真

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

走行会のお知らせ

西日本AREA86オーナーズミーティング

平日走行会

in 鈴鹿サーキット

2015・2・17(火)

①スポーツ走行クラス 30分×2(86&BRZのみ)・・・・・・・・・20,000円

②スポーツ走行初心者クラス 30分×1(86&BRZのみ)・・・・11,000円

③サーキットマイカーラン(ペースカー付き隊列走行)・・・・・・・・・・2,000円

*各クラス5台程度の募集になります。

参加申込みは田中まで!!

 

サウンドインストーラー 田中 宏明
86NEWデモカー誕生!!

新たなコンセプトの86デモカーを製作しました!!

  SaRD3 SaRD4

エクステリアはSaRDGT1仕様

ボンネットはもちろんNEドライカーボンボンネット!!

ホイールはTWST66F 18インチ!

SaRD6

マフラーはなんと、SaRDの最新作 チタンマフラー!!

これが軽すぎて・・・

SaRD チタンマフラー

片手で余裕で持ち上がる!!!!!

※僕はそんなに力持ちではありません(汗)

音も最高ですよ♪

 

そしてインテークパイプもSaRD製のカーボンパイプに換装!!

SaRD5

これがまたかっこいいのです~!!!

 

実は今回のデモカー、しっかりとサーキットでタイムを出せる86を目指して部品をチョイスしました!

そして、このデモカーの最大のポイントは2つ。

 

①トルセン式強化デファレンシャル SaRD トルセンタイプレーシング

SaRD トルセン

86のデフを強化したいと考えた時、多くの人が機械式LSDの導入を考えると思います。

もともとGTのグレードにはトルセン式のLSDが入ってるので、もっと効く(ロックする)LSDを探せば

機械式LSDと言う選択は至極当然の事かもしれませんね!?

田中も昔乗っていたアルテッツァには機械式のLSDを組んでいましたし、

最近の機械式LSDはチャタリング音(機械式特有のバキバキ音)も少なく、

作動もマイルドで、ずいぶんと扱いやすくなった印象でした。

ただ、機械式LSDの構造上、多版クラッチを断続させて差動制限を行うので、

常に磨耗していると言っても過言ではありません。

イメージで言うと、MT車を常に半クラで走らせていると言う事になります。

つまり、オイル管理などのメンテナンスはシビアですし、定期的なオーバーホールが絶対に必要になるのです。

怠ればすぐにデフブローです(汗)

そこで、今年SaRDから発売された、強化タイプのトルセン式LSDの登場です!!

トルセン式は構造上機械式に比べて磨耗が少なく、耐久性に優れると言われています。

基本的にはオーバーホールの必要がなくここはお財布にやさしいと言ったところでしょうか(笑)

ただ、特筆すべき特徴は、その差動メカニズムに有ります!!

機械式LSDで言うところのイニシャルトルクと言うものがトルセンには存在しません。

つまり、必要ない時にLSDが作動する事が無いのです。

もっと言えば、コーナリング中に必要なトルクだけをリニアに分配するので、車体の挙動がすごく安定します。

ロック率も純正トルセン比で133%以上!!

扱いやすく、メンテナンスも容易で、まさに理想のLSDではないでしょうか??

もっと詳しく知りたい方は田中まで!!

 

②渡海自動車製 TRACE racing suspension

SaRD Trace

スポーツカーのチューニングのおそらく第一歩であろう足回り。

数多くあるメーカーの中で、皆さんはどんな基準で部品を選んでいますか?

乗り心地?値段?ローダウン量??

もし、速く走る為のサスペンションが必要なら、

是非このTrace(トレース)を試して頂きたいです。

そもそもサスペンションの役割について、皆さんはどれくらい理解しているでしょうか?

ここは田中も現在猛勉強中ですが、車体の走行中の「姿勢を制御している」との認識で

まずは間違い無いかと思います。

車が曲がる。この単純な動作をする為に、実はいろんな所が動き、

その働きにより車は曲がっていきます。

そして、速い速度域で車を曲げる為には、理論的に理想的なコーナリング姿勢を正確に作り出さなくてはいけません。

トップスピードからのブレーキングにより、車体の荷重はフロントに集まり、Fタイヤを地面に押し付けます。

その状態でステアリングを切り込んでいくと、押し付けられたFタイヤの切れ角分車体は旋回を始めます。

この時車体には遠心力により外に引っ張られる力が発生します。

フットブレーキを緩めながら、減速はステアリングによる舵角ブレーキに移行し、前傾姿勢を維持します。

クリップポイントに車が向かえば、ここからアクセルを入れる訳ですが、加速が始まると荷重はRタイヤに移動します。

コーナー脱出時、Rタイヤに荷重を掛けつつもFタイヤにある程度のグリップを残さなければコントロール不能になりえます。

この様な一連の動作の中で車体の姿勢を制御しているのがサスペンションであり、その中でも最も重要かつ基本となるのが

コイルオーバー(ダンパー、スプリング、車高調の総称)なのです。

もちろんこれだけですべてが決まるわけではありませんが、

このTraceはダンパー職人がバネの特性を研究し、理想を追求し、様々な特許技術を産み出して製品化された

究極のダンパーなのです!!

 

 

田中の思う究極のLSD究極のダンパーを装着したデモカーが一先ず形になりました。

しかしながら、車の動きがこれだけで決まる訳では有りません。

タイヤ、ブレーキ、LSD、スタビライザーなど、様々な役割の組み合わせ(セッティング)で理想のコーナリングが実現するのです。

正直言うと今の僕の知識と技術ではまだ上手く組み立てられません。

このデモカーで一生懸命勉強し、プロドライバーがキッチリ安心してタイムアタックできる車に仕上げたいと思います。

一緒に勉強してくれるお客様は田中まで連絡下さいね~☆

SaRD1

サウンドインストーラー 田中 宏明
NE-STYLEデモカーリニューアル!!

86が発売された2012年。

スポーツカーでもオーディオを楽しもう!!とのコンセプトでオーディオをフルカスタマイズしたデモカーを製作し、

東京オートサロンや大阪オートメッセをはじめ、各地のイベントで大人気を博したNE86!!

みなさんもご存知かと思います。

NE863NE861

2年間活躍してくれたNE86ですが、このたび・・・・

 

リニューアルしました!!!

IA8

 

痛車です(笑)

IA3

実は今回、レクサスRC-FでSuperGTに参戦中のSARD Racing TEAMと、

そのスポンサーである1stPLACEさんとのコラボレーションで実現したこのデモカー!!

最大の特徴となっているこのキャラクターは『IA(イア)』という1stPLACEさんで展開しているボーカロイドで、

SuperGTのオフィシャルテーマソングを歌うなど、中高生を中心に大人気のボーカロイドです!!

IAのオフィシャルCDに収録される楽曲は萌えと言うより、かっこいいサウンドが多いです!!

SuperGT

田中もすっかり気に入ってしまい、今ではお気に入りドライブソングの1つになっています(笑)

『SEE THE LIGHTS』『OVERTURE』あたりはロックテイストでお勧めですよ☆

 

そんなスペシャルコラボレーションデモカーですが、SuperGTのイベント会場をはじめ、様々な会場で展示する予定ですので、

是非どこかで実物をご覧ください!!

直近ではSuperGT rd.6 SUZUKA 8月30、31日 鈴鹿サーキットにて展示致します!!

 

TEAM SRADレースクイーン

SuperGTイメージガールの『IA GIRLSTARS』 

も皆さんのお越しをお待ちしております☆

IA10

 

 

~リンク~

1st PLACE

 SARD RACING TEAM

Super GT

サウンドインストーラー 田中 宏明
86ツーリングイベント in 鈴鹿

通算3回目となるツーリングイベント!

今回は86の他、ヴェルファイアVITZ G’sのお客様も参加して頂き、

集合場所から一路鈴鹿サーキットを目指します!!

 

1

↑田中はいつもの86SCで先導しました!

道中、何箇所か休憩を挟みながら、あっという間に鈴鹿サーキット到着です!!

 

まず始めに、鈴鹿サーキット南コースをプロドライバー先導の元走行体験をして頂きました!!

2

 

先導走行でコースとライン取りを確認した後は希望者のみでフリー走行もして頂きました!!

3

皆さんなかなかの攻め込みでしたね!良い走りっぷりでした!!

僕はブルーのATデモカーで走行しましたが、ストレートは短く、

タイトな複合コーナーが続く、我慢を強いられるコースでした。。。

13

 

その分、きっちりとしたブレーキ加重移動からのハンドリング、もちろんラインは絶対はずさない!

この基本が鍛えられる良いコースだなぁ~と思いました!!

 

さてさて、南コースで軽く遊んだ後は、鈴鹿サーキット本コースに移動して、まずはバックヤードツアーです!!

4

↑普段は入れないプレスルーム

中でも一番人気だったのがこれ↓

6

ビックレースの入賞者しか上がれない表彰台に立てる!!(当社並川のハシャギっぷり)

これは貴重な体験でした!!もちろん田中も乗りましたが(笑)

 

そして、いよいよ今回のメインイベント!!

鈴鹿サーキット国際本コースをパレードラン!!

8

薄っすらと日も暮れ始めた夕方、まずはグリッドに車を並べて記念撮影!!

10

パレードランのスタートはシグナルを使ってのスタート!!

先導車はレースでも使われるマーシャルカーを使っての贅沢なパレードランでした!!

 

 

今回初めての長距離ツーリングイベントとなりましたが、皆様に楽しんで頂けたみたいで良かったです!!

今回残念ながら参加できなかったお客様の為にも、また

鈴鹿サーキットでのイベントを企画したいと思います!!

 

 

 

 

サウンドインストーラー 田中 宏明
ネッツ千葉 NETZ SPORT

ネッツ兵庫と同じく TEAM NETZに参加しているネッツ千葉さん。

実はネッツ千葉さんにはNETZ SPORT(ネッツシュポルト)という、チューニングの専門部が存在します!

 

ネッツシュポルト

NETZ SPORT店はAREA86も兼ねているとの事で、ず~っと見に行きたかったのですが、

近所に出張があったので立ち寄らせて頂きました!!

 

中はさながら某カー用品店の様にいろんなパーツがディスプレイされ、くつろぎながら談笑できるスペースもあります!!

5

 

 

 

  ←多種多様なパーツ展示

 

 

4

 

 

 

パーツや作業場を見ながら商談できるスペース→    

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

←お客様に開放している談笑スペース

 

 

 

 

週末には、86オーナーがぞろぞろと集まって来て、オフ会の様な場所になるんだとか!!

 

AREA86とはこーゆー事なんだろうな~と、とても勉強になりました!!

ネッツ兵庫で同じような店舗を作ることはなかなかハードルが高く真似できませんが、

やはり目指すべきですよね!?

 

少しずつ出来ることをやって行きたいと思います!!

 

鬼崎店長をはじめ、スタッフの方々、アツく楽しい時間をありがとうございました!!

 

6

↑きっちりNE-STYLEのチラシを置いて頂きました(笑)

  • ネッツトヨタ兵庫
  • toyotフォンテ
toppage