log
speaker
             
     

ツイーターインストール

 
ツイター

   

高音域にこだわる人に。
見た目も重視し、スタイリッシュに制作。

ツイーターとは高音部の再生を受け持つスピーカー。指向性が高く、取り付ける向き次第で全く違う音になります。かといって、音のことだけを考えた取り付けでは、純正内装の雰囲気を損ないかねません。ツイーター本体をピラーやダッシュに埋め込むことで、見た目と音質を高い次元で融合させる加工です。

  スピーカーP1  
product     価格1    
      ■ALPINE
■carrozzeria
■BE WITH
■Sonic Design
■Clarion
■ECLIPSE
■ROCKFORD FOSGATE
■JL AUDIO
■IMAGE DYNAMICS
■LIGHTNING AUDIO
■KICKER
■FOCAL
■polk audio
チャート1   スピーカーP2  
 
             
             
     

サテライトスピーカー ピラーインストール

 
サテライト

   

サテライトスピーカーを後方に付けて
臨場感アップ。

ミニバンなど多くの車両のリヤスピーカーは横向きに取り付けられており、運転席や助手席には音が届きにくい問題があります。これを解消するため、車両最後部のピラーにスピーカーを前向きにインストール。サテライトスピーカーの音を効率的に前方に届けます。車をシアターのように臨場感ある空間にしたい、5.1chシステムをお考えの方にぜひお勧めしたいカスタマイズメニューです。

  スピーカーP3  
product     価格2    
      ■ALPINE
■carrozzeria
■BE WITH
■Sonic Design
■Clarion
■ECLIPSE
■ROCKFORD FOSGATE
■JL AUDIO
■IMAGE DYNAMICS
■LIGHTNING AUDIO
■KICKER
■FOCAL
■polk audio
    スピーカー4  
 
             
             
     

スピーカーアウターバッフル

 
スピカー

   

音の精度、ビジュアル度が大幅アップ。

背面スペースを充分に確保し、音抜けを良くするために、スピーカー自体を露出させる加工がアウターバッフル。スピーカーをアウターバッフル化するメリットは第一に、背圧の影響を最小限におさえ、内張りにさえぎられることなく、スピーカーから出た音をそのまま、美しいまま出力できること。また、スピーカーを取り付けるための板、バッフル自体の強度が上がること。音質の精度を高めるだけでなく、見た目的にも個性を演出でき、ビジュアルアップを実現します。

  スピーカーP5  
product     価格3    
      ■ALPINE
■carrozzeria
■BE WITH
■Sonic Design
■Clarion
■ECLIPSE
■ROCKFORD FOSGATE
■JL AUDIO
■IMAGE DYNAMICS
■LIGHTNING AUDIO
■KICKER
■FOCAL
■polk audio
チャート3   スピーカーP6  
 
             
             
     

スピーカーエンクロージャー

 
エンクロージャー

   

スピーカーの潜在能力を最大限に引き出す。

スピーカーといってまず連想する四角いボックス、それがエンクロージャー。スピーカーの鳴りを良くし、音質を左右するとても重要なものですが、車室内ではドアが代わりにその役目を担っているのが通常です。エンクロージャーはただの板ではなく箱になっているぶん強靭であり、また密閉性が高いのでスピーカーに適度な制動を与えることができるのがメリット。スピーカー本来の性能を余すところなく引き出すには専用エンクロージャーの制作が欠かせません。

  スピーカーP7  
product     価格4    
    ■BE WITH
■Sonic Design






チャート4   スピーカーP8  
             
toppage